2006年04月28日

れおのやきもち?

赤ちゃんができたと分かってから、私達の態度が変わってきたことに気づいたのでしょうか?
れお(Mダックス♂)の態度がちょっと変わってきたようです。

お腹に宿った胎児の栄養を考えると色々なおいしいものを食べさせたい、と思いますね。
やっぱり昔からいうのは、あわびではないでしょうか?
目が綺麗な赤ん坊が生まれるとよく言われますね。まあ、黒目の大きな子供が生まれるのは迷信かもしれませんが、あわびには目にいい成分が多く含まれているのは間違いないようです。
そんなこともあって、少し前の話ですが2月に伊勢志摩へ旅行へ行きました。

いつもなら、ペットも泊まれる宿を探すのですが、同じくMダックスを飼っている友人が預かってくれることになりました。その人はれおが一番大好きな人(もしかしたら私たち以上に好きかも^^;)ですし、なによりもともと犬を飼っている人なので全く心配はありません。なので、好意に甘えることにしました。とはいえ、フェレットは家においていくのでそんなに長居することはできません。1泊だけの小旅行です。

旅行前日にれおを友人宅に預けにいきました。
友人は出産の時もよかったら預かってあげるよ、と言ってくれていたのでその練習という意味もあって今回お願いすることにしました。

れおは友人宅に着くなり、おやつをガツガツ食べまくり^^;(おまえのじゃないっつーの!!)です。本当ならしかりつけたいところですがさすがに友人の前では強くは言えません。暴虐ぶりには目をつぶりつつ、もってきたれおのサークルを組み立てます。
れおはいつもどおり好き勝手にはしゃいでいましたので、そっと友人宅を後にしました。

後ほど送られてきた写メールには、腹が立つほどリラックスしたれおの姿が映っていました^^;
その写真をみて私たちは安心して(ちょっといらだちを覚えつつ^^;)旅路につきました。
とはいえ、やっぱりれおのいない旅行は心配というか物足りないというか・・普段なら入れないお店にも入れたりして、ずっと自由なはずなんですが・・。

おおきなお風呂にゆったりとつかり、伊勢志摩の豪勢な料理に舌鼓を打ち、おみやげもいっぱい買って超満足で帰宅した私たち夫婦です。しかし、れおをお迎えにいって、後悔の日々が始まりました。

旅行自体は1泊でしたが、れおは旅行前日から帰宅翌日まで3泊預かってもらいました。その間、ほとんど友人宅で寝なかったそうです。寂しさのあまり・・でしょうか?そして、れおの態度が激変しました。

まず、異常なほどに甘えてくるようになりました。
そしてやたらとすりよってきて、べったり。
ちょっとトイレに行くだけでひーひーと悲痛な泣き声。
初めは置いて行ったことを後悔しましたが、あまりのひどさにやがて怒りへと^^;
いいかげん、怒れてきます。

赤ちゃんの存在に気づいたのかも知れないですね。
犬はとても敏感だといいますし・・やきもちでしょうかね。
これで、実際生まれたらと思うと・・今からとても心配です^^;

Mダックスは結構ワンマンドッグだったりするので、預けるときは十分気をつけてくださいね^^;
出産時に預けるのも・・どうしようか悩んでいます・・(涙)。
【関連する記事】
posted by wakyo at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。